Duke Ellington’s Sound of Love

私も夏風邪が始まったようで、速攻で治したいので医者の薬をもらって安静にしているところです。

先日のジャズ・ストリート、デューク・エリントン・メモリアルということで、各バンド色々と工夫を凝らしていたのではないかと思います。

今回のBJOの演奏が終わってみて、エリントンを起点に様々な作曲家やアレンジャーに飛び火させて1時間組み立てるのは面白いなって感じました。

そこで、ちょっとずつ楽曲を探しているのですが、まずはこんなものに目が(耳が)留まったのです。

Charles Mingus – Duke Ellington’s Sound of Love (1974)

この雰囲気、いい感じじゃないですか?

特徴的な上昇系の音階は、Lush Lifeを踏襲してます。

Charles Mingusのビッグバンド譜はHal LeonaldにMingus Big BandとSimply Mingusという2つのシリーズがあって、もちろんこの曲も出版されています。

後者は学生向けに楽譜を少し優しくしているバージョン。

Simplyの方を選んでも、結構大人で官能的な音楽になるんじゃないかなー。