千切って鼻毛

「千切っては投げ」と書きたかったのですが、Google日本語入力が「千切って鼻毛」と変換してくれて面白かったのでそのままにしました。

さて、何を投げたかというと、この代休の平和な1日に、完全放置していた倉庫の整理を再開したのです。

今年の2月にスタートして、4月27日までは順調にやっていたようですが、半年以上放置ですw

(参考)

 

ブログって過去に遡って自分を振り返るのにもよきツールですね。

上記の様に、お宝発見的な楽しさもあるのですが、今日はとにかく捨てまくりました。

8:30 まずはドバーっとぶち撒けました。

IMG_1590

このゴミの山を今日中にやっつけるんだと思うと気合が入ります。

10:30 なかなか減らないっすね。

IMG_1591

マン盆栽の道具とか出てきて笑えました。

カセットテープとか出てくるとワクワクしますが、今日はイチイチ懐かしんでいられません。

12:54 あと少しです。

IMG_1592

14:15 ゴミの山を消しました!

IMG_1593

 

消火器の前でやる作業じゃないよなって、読者の声が聞こえました。

人間やれば出来るんだなって思いました。

一歩一歩前に進めばゴミも消えてなくなるのです。

ここで、ラーモン・リッカーのジャズ・インプロヴァイザーの冒頭の一節を引用して今日のブログを〆ましょう。

もし私が、ニューヨークからロサンジェルスまで、アメリカを徒歩で横断しようとしたら、必ずできるという確信があります。ただ旅立って、毎日数マイルずつ歩くだけでよいのです。1週間後に家からわずか100マイルしか離れていないかもしれませんが、しかし進んではいます。それでも体が強くなるに従って、速さは増してきて、1ヶ月か2ヶ月後には私はシカゴにいて、自分の歩いた距離に驚くでしょう。ロサンジェルスには6ヶ月から1年もかかるかもしれませんが、やればできることは確かです。壮大なプロジェクトで、最初はとても克服できないようなことでも、少しずつ進んでいけば手が届くようになります。中国の諺の「千里の道も一歩から」は、まさにぴったりの言葉です。

 

いつ読んでも心に染みるお言葉です。