Pennies from Heaven – 傘を逆さにしなきゃね

 

久々のジャズ・スタンダードあれこれ、8曲目は Penny’s from Heaven です。

Music by Arthur Johnston , Words by Johnny Burke – 1936

Sweet Jazz Trio の “Very Personal” に収録されています。

先日のSweet Jazz Trioのライヴの冒頭で演奏されたこの曲、1936年同名映画の主題歌です。

1981年に映画にもなっているようです。

こちらも30年代の世界恐慌が舞台になっているので、源流は同じなのでしょう。

“Very Personal” のライナーによると、「出演したルイ・アームストロングの名演が有名だ」とあります。

ちょっと探してみると、この辺かな。

関連動画で、先日Miles関連で紹介した愉快なクラーク・テリーの演奏も見つかりました。

この人は巧いですねぇ。

でもやはり、SJTを聴いた後だと騒々しく感じてしまいます。

Guitarのイントロに導かれて歌い始めるラッセのコルネットが暖かくハスキーです。

土曜日のライヴで改めてスタンダードっていいなと思いました。

楽曲や背景の理解を深めてこその味わいがそこにはあるのです。

この曲の歌詞を要約してみるとこんな感じ。

「雨が降ると天からお金が降ってくるよ。傘を逆さにしなきゃ」

「雷を聞いたら木の下に走っちゃダメだよ。YouとMeに天からお金が降ってくるんだから」

てな具合です。

 

ちょっと年度末で火を噴くような忙しさですが、コツコツとこの「スタンダードあれこれ」を更新しなきゃなと思います。

今週末セッションですねー。

▼PR ──────

上越のジャム・セッション情報