Gnidって曲がなんだか可愛らしい

 

2日前の記事になりますが(オスカー・ペティフォード)、自分の研究がいかにテキトーであるかを思い知らされました。

43歳になったので、楽曲のことをもっと広く深く学んでいきたいと思います。

ということで、新たなカテゴリー「ジャズスタンダードあれこれ」を追加し、私の中でスタンダードの教科書と化しているSweet Jazz Trio のアルバムから1曲ずつ取り出し、そのルーツやら何やらを探っていきましょう。

ブログの更新も55日目を迎え、ネタ補給にも役立ちます。

皆さんもお付き合いいただき、ジャズ・スタンダード博士になってくださいw

さて、1曲目は Gnid です。

(作曲 Tadd Dameron (p) / 録音 1956年11月30日 Prestige)

Sweet Jazz Trio の “live” に収録されています。


源流はこれかな? Tadd Dameron with John Coltrane の “Mating Call” 。

Gnidって何て読むのかな?グニド?誰か知ってたら教えてください。

源流の録音はYouTubeで聴くことができます。

これって、Chet Baker も演奏してますね。しかも編成はTrp+Gt+Bsのトリオ。

自分の場合は、Sweet Jazz Trio → Chet Baker → Tadd Dameron の順番でこの曲と知り合ったので、やはりSJTの演奏が印象的です。

なんだか、とっても可愛らしいんですよね。

SJTの演奏は、冒頭、コルネットとギターのユニゾンなんですが、ライヴ版ならでは、ピッチが非常に怪しくてw、だんだん持ち直していく様子が楽しめます。

Chetの演奏は、とてもシンプルで枯れた感じがたまらないです。

YouTube上には、おそらくChetの演奏に影響されたと思われる録音が数多く見つかります。

源流のライナーが欲しいので注文しよっかなー。