ニコラス・ペイトンのトリオを聴く

この土日はPA仕事が入ったり、イベントの手伝いをしたりと大変でした。外はとても寒かったです。

写真 (12)

出掛けついでに、iGAちゃんを呼び出してBJOの打ち合わせをSwingで行いました。

↓いつもとちょっと様子が違いますね。

写真 (15)

打ち合わせの内容はさておき、Joeさんはいつも私たちの心をくすぐる音楽をかけてくれます。

Trp+Gt+Bsのトリオの音楽が流れてきました。

“finger painting”というタイトルのアルバムで、ハンコックの曲だけで構成されています。

写真 (13)

Trp軽い音だなーと思ったら、ニコラス・ペイトンでした。

なんか、さらに太ったウィントンみたい…

写真 (14)

この編成、結構あるんですね。 (関連記事

1997年の録音のようです。今から16年前ですか。ペイトンの音が軽快です。

ドリフティンなんか、とても軽やかで魅力的でした。

今度の三人会でやってみたいかも。