ベーシスト現る

6月1日(土)にサックスのイガちゃんとこっそり練習を計画していたのですが、

前日の夕方に私の携帯が鳴りました。

「多田金から聞いて電話しました!」

ということで話を聞くと、この春から上越勤務になったベーシストさんのようです。

ようこそ上越市へ!

次回セッションの日は都合が悪いようなので、

「じゃあ、明日管2人で練習やるんだけど、来る?」と誘ったら二つ返事でOKが貰えたので、

初顔合わせが実現しました。

▼その様子です。

photo2

とりあえず後ろからの写真で謎のベールに包んでおきましょう。

練習の後、「Swingに行こう」となるのですが、練習の話も書いておきます。

7月のジャズ・ストリートでウェスト・コースト・ジャズを演奏しますので、まずは管2人でさらっておこうと練習しました。

▼2年前に取り組んだ曲たち(Five Brothers, Walkin’ Shoes, Darn That Dream, Line for Lyons)

photo4

▼今回追加した曲たち(Bunny, Festive Minor, Soft Shoe)

photo3

▼相棒のイガ氏

photo1

ビデオも撮ったのですが、少し恥ずかしいので、ここに載せるのはもうちょっと待ってください。

安全な箇所をピックアップしてから載せるかもです。

そして、練習後、お腹が空いたのでSwing近くの新店、「彦左衛門」で軽く食事&生ビールを摂取し、

Swingへ。。。

▼なんだかよく分からないトリオになってます。

photo5

↑ これ、弾いている様にも見えますが、カタコトの日本語をしゃべる外国人みたいな状態でした。

▼Swingの女神様と1枚。ちょうど良い感じでした(w

photo6

▼最後はハイサイおじさんで。

この写真、撮ったの覚えてないです。

photo7

最近、アルコール摂取量が激減したので、こんな感じで飲んでると酔いが回ります。

翌日はやる気が1ミリも無く、一歩も家から出ませんでした。

皆さんが、この若きベーシストに合えるのは、7月のセッションかなと思います。

お楽しみに!