家紋

 

連休が始まりましたが、なかなか休んでもいられませぬ。

今日は(昨日か)朝、実家でのお墓の打ち合わせに顔を出して、初めて家紋を拝みました。

photo1

 

「梅鉢紋」というらいしいです。

家紋を探していたところ、父の育ての親から頂いた着物に記されていたのを発見したそうです。

父の両親兄弟は東京空襲で全滅していて、遺骨は両国の東京慰霊堂に納らているかも、ということになっています。

そんなことで、今まで我が家にはお墓が無かったのですが、昨年亡くなった兄のために段取りを進めているところです。

私の祖父にあたる人物は、清里から東京に住所を移して、東京大空襲に遭遇するのですが、

たまたま父が年齢的に疎開対象になったらしく、奇跡的に生き残りました。

その後、元々のルーツである清里村で育てられたのですが、

本日、その清里村で一時期近所で暮らしていたであろう、同姓のI.U大先生のお通夜に出席してきました。

当時を知る人が少なくなっていきますが、少しでも関係性を知っておきたいなと改めて感じました。

 

さてさて、その後、リトル・ビッグ・バンドの練習に駆けつけました。

photo2
Brasserie Jazz Orchestra と命名されました。

ブラッセリー・ジャズ・オーケストラと読みます。

直訳すると、『居酒屋(仏)ジャズ楽団』といったところでしょうか。

特にフランスにこだわりはありません。

・”Brasserie” の頭の “Brass” の語呂がいい。

・居酒屋=何でもあり的な感じがいい。

というのが大きいです。

来月の練習辺りから写真を撮り始めて、少しずつプロモーションしようかと思っています。

初陣は、第22回新潟ジャズストリート、7月14日(日)の14:00-15:00、NSTゆめホールに決まりました。

 

話が前後しますが、亡くなられたI.U先生は音楽教師でした。

分家(と言っていいかどうか分かりませんが)が奇跡的に生き残り、

小学5年生時に担任から偶然トランペットを勧められる形で飛び火し、

紆余曲折あってジャズに着地した、

というのもなかなか面白いことだと思います。

 

I.U先生のご冥福をお祈りしつつ、類は友を呼ぶ的ご縁に感謝です。